成功する投資家になるための10か条

こんにちは。アイキャッチが思ったより胡散臭いです笑。20代ですが投資を色々しています。書類を整理していたら「成功する投資家になるための10か条」なる胡散臭いものが出てきたのでこちらで備忘アンドシェア。

*ちなみに投資の勉強で通ってるファイナンシャルアカデミーは以外とちゃんとしてますよ笑

では早速第1条からスタート!

利益よりも「学び」を優先する。

その取引によって「いくら儲かるか」だけでなく、「何を学べるか」を意識するようにしましょう。

お金の節約よりも、時j間の節約を優先する

投資家にとって最大の資産は、本人の「時間」です。時間さえあれば投資のチャンスを発見したり、アイデアを練ることが可能となります。些細な金額のために、投資家自身の時間を費やさないようにしましょう。

理論よりも、行動を優先する

頭でっかちな理論家よりも、最低限の知識でも人一倍行動する人の方が成功に近づきます。

自己投資に時間とお金を惜しまない

投資家の最大の資産は本人の能力にあります。自己の能力開発のためにお金と時間を費やしましょう。

できない理由より、できる理由を考える

せっかくの能力も、後ろ向きに発揮されては効果が出ません。常に前向きに思考しましょう。

感情ではなく、経済的合理性に基づいて判断する

投資判断を感情ではなく、経済的合理性に基づいて行うようにしましょう

利益よりも人脈や信頼を優先させる

一時の利益のために、貴重な人脈を失ったり、信頼を損ねたりすることがないようにしましょう

取引の対象よりも、取引の相手を選ぶ

「悪い人間とは良い取引はできない」とはウォーレン・バフェットの言葉です。一見すると素晴らしい取引であっても、その取引を持ち込んだ人間を見るようにしましょう

「広く浅く」よりも「狭く深く」研究を続ける

投資の世界では、全てに合格点をとる必要はありません。特定の分野に置いてエキスパートになるだけで大きな資産を築くことができるでしょう。

継続は力なり

とにかく「続けること」です。信念を持って継続することは、必ず結果がついてきます。

以上です。

どうだったでしょうか。

当たり前だろって思う人もいれば、意外と出来てないなと思う人もいるんじゃないかな。

個人的には仕事の仕方にも通じる部分があると思いました。「信頼を優先させる」や「理論よりも行動を優先する」とか本当にその通り。
仕事も信頼が何より大事ですよね。

たまに見返して忘れないようにしたい、そんな10か条でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です