27歳になった節目なので反省とこの1年の抱負!

抱負

こんにちは。先日27歳を無事に迎えることができました。お祝いのメッセージなどありがとうございました。

せっかく節目なので、26歳の振り返り(反省)と共に27歳の抱負をつぶやいていこうかなーと思います。

26歳の振り返り

まず、26歳であったことをズラズラズラっとマークダウン式に書き出してみます。

  • 初めて採用活動に携わる
  • 初めて後輩ができる
  • 採用した初めての後輩が3ヶ月で退職
  • フジロックに初めて参戦
  • 結婚式の二次会の幹事をやる
  • 仕事がなかなかうまく行かない
  • 初めて転職活動、そして退職
  • 約4年ぶりの海外旅行

特に採用の重要性を感じた1年

仕事で何と言っても自分の中で一番大きかったものは初めて自分が採用活動に携わったことです。

実際に面接官をやってみて、採用の難しさと同時に重要性も学ぶことができました。

ヒトモノカネの3つが企業の基本となると言われますが、その中でもやはりヒトが一番重要です。

モノを作るのも、カネを使うのもヒトです。

元USJでCMOを勤めた、森岡さんの著書にもまず初めに優秀な人事部を作るべきだと本に書いてあったのが、その時自分が感じていたことと全く同じだったのでよく覚えています。

面接では本当にこれと思える求職者に出会えるのはまれだったし、そもそもそれを見分ける眼もなかったと思います。

その人が書類で応募をしてきて、面接に進み、内定が出て、受諾する。こんな長いステップを経て、入社するのはかなり低い確率です。

そんな企業からしたら苦労して採った人間がすぐ辞めてしまうのはもったいないコストだし、会社にナレッジも貯まらないです。

そういった意味では従業員満足度を向上させて、長く続けてもらう、良い人に入社してもらう制度や風土は目には見えないかもしれないけど本当に大事なことだなと。

人への投資は惜しまない。そんな会社が中長期的にみると強くなっていくんだなと思います。

そんな採用での経験が自分が転職したきっかけにもなっていたかもしれません。

なんというか俯瞰して、企業全体や事業、ひいては自分のキャリアなども考えるきっかけを与えてくれた経験でした。

やはり、僕個人としては行き詰まりを感じて何かを変えたいという考えになった時に、自分を変えるか、周りを変えるか。を考え、前者を選びました。

正直、周りを変えるほどの力量もなかったし、モチベーションもありませんでした。人から見ると”逃げた”と思われても仕方がないと思います。

でも、自分を変える、環境を替えるという選択肢が僕にとって現実的でした。

ただ、それが正解かどうかは誰にもわかりません。もはや何が正解かなんてわかりませんが。

細かいことを気にしても、しょうがないんだから後悔の無いように日々を一生懸命生きるというただそれだけかなと最近は思っています。

何かを創れる人っていいな

プライベートでは結婚式の二次会の幹事をやってみたり、フジロックに初めて行ったり。海外旅行に久しぶりにいきました。

結婚式の二次会の幹事は久しぶりに文化祭の学生みたいなノリで楽しかった。動画を担当して、大変なこともあったけどそれ以上に編集作業とかが面白かったです。定期的に何か動画を作るのは今後もやりたいです。

4年ぶりの海外旅行ではセブ島の空港で英語が全く出てこず。こんなはずではと歯がゆい思いもしたけど、少しずつ日常英会話くらいなら思い出してきた感覚も覚えています。やっぱり、日本を離れていろんなものを見にいくことは大事だと再実感しました。

最近感じているのは何かを生み出す、創り出す人はいいなと。なんでもいいんですが、ブログ記事でも音楽でも料理でも写真でも何かしら生み出して、それを他の人が見て感動したり、役に立ったり。

当たり前のことなんだけど、それを突き詰めていくとちゃんと仕事になったり。素敵だなーと思います。副業でお金にも余裕が出てくるし。

27歳の抱負

長くなりましたが、抱負としては思いつく限り以下のようなこと。

  • 新しい仕事を一人で回せるようになる
  • ブログ記事の毎日の更新を行う
  • 料理を作れるようになる
  • 楽器を始める
  • 英語の勉強をする
  • プログラミングの勉強をする
  • 体を柔らかくする(開脚と前屈ができるように)
  • 株式投資で利益をだす

とこんなところです。

できるところから始めたいです。どれもコツコツ系なので自分が苦手なことですが、少しずつでもやっていきたいと思います。

1年後にこの記事を見返すのが今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です