【旅行記】2017ラオス 4日目バンビエンのサクラバーはお酒がタダで飲める

こんにちは。4日目バンビエンにはサクラバーという有名なクラブ?があり、日本ではほとんど行かないですが、せっかくなので行ってみました。

セブ島旅行記事まとめはこちら

タイ旅行記事まとめはこちら

ラオス旅行記事まとめはこちら

場所はこちら

サクラバーっていうくらいだから、日本人が経営しているのかと思いきや、ヨーロッパ人がやっているという噂。

お酒が無料で飲める

20時くらいから21時くらいまでハッピーアワーでドリンクが安い!

ではなく、なんと無料!タダ!タダ酒!

お酒が並ぶカウンター

勝手にコップに注がれて行くので、そのまま飲んでもよし、スタッフにコーク!とかスプライト!とか言えば割ってくれます。

4杯くらい飲んだら結構酔っ払えます。

中の様子

野外にあるクラブなので開放感があります。日本だと夏フェスとかそういうイベントじゃないと無理だけど、普通にこれがあるっていうのがすごいですね。

ほとんどがヨーロッパ系の観光客か地元のラオスの人もちょっと来ているみたいでした。レディーボーイといういわゆるおかまちゃんもいるのでちょっと要注意です。日本人はほとんどいません。(ていうかバンビエンにほとんどいないです笑)
韓国人はちょっといた気がします。

laughing baroonという吸うと笑いが止まらなくなるようなものとかもありました。バンビエンのお店の、大体のピザ屋さんにhappyメニューがある。

24時になると閉店するので意外に健全なクラブなのかもしれません。サクラバーの閉店後は近くの朝までやっているであろうクラブにみんな流れていきます。

まとめ

日本でほとんどクラブには行ったことがないですが、野外にあるこういうところも珍しいと思うので一回行って見るのはいいんじゃないかなと思います。

できれば、ハッピーアワー中にアルコールを飲んじゃえばかなり安上がりになります。エントランスフィーとかもないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です