【株式投資】絶対覚えておきたいリスク管理3か条を押さえる

リスク管理

こんにちは。お金大好き人間です。今回は、株式投資のリスク管理について。

株式投資=ギャンブルと考えている人って多いと思います。需給のこともあるので投資家心理が悪化してあまりにも売られ過ぎたり、買われ過ぎたりもあるのでギャンブル性も絶対にないとは言えないかもしれません。

だから、もしものためのリスク管理は徹底することが長期的に利益を出すためには重要です。ここでポイントとして押さえておきます。

1銘柄は投資資金の20%までを目安に

銘柄分散が株式投資におけるリスク管理の基本です。絶対的に自信のある銘柄に一点投資ということはやめたほうがいいです。

なぜなら、株式投資に絶対はないので。どんなことがあっても致命的にならないように資産を守る管理をしましょう。

具体的には投資資金の20%を限度に1つの銘柄には投資しましょう。もし、その株が半分になったとしても、資産減少率は10%に留まります。

致命的にならないように、常に自分のポートフォリオの見直しをすることが大切です。

投資の理由を明確にする

これが一番大事。購入の時に理由を明確にすること。株をやってあんまり勉強してない人はなんとなくで購入しているケースが多い気がします。最近テレビでよく見るからーとか新聞で決算よかったって書いてあったーとか。

この理由が明確でないと、何が困るのかというと。売りのタイミングが難しくなってしまいます。

例えば、2倍程度まで上がるだろう「だから」買い。というように買う理由を明確にしないと売る時に2倍になった「だから」売り。というようにならないのです。

「なんとなく、もう少し上がりそうだから、このまま下がり続けるわけないから」

というなんとなくで株をやるとズルズル損切りできなくなって、損失が拡大してしまう原因になります。

理由が崩れたら速やかに損切りをする

2番の逆なんです。オススメは購入時に売る理由も明確にして、エクセルか何かに記載しておくことです。とにかく、なんとなく株を保有している状態が危険。

「移動平均線で押し目買いしたけど、移動平均線を大きく割ってしまった」

というようなケースは損切りです。シナリオと違っているわけですから危険です。

仮説が外れたら、ゼロベースで考えて、「新しくこの株を買うか」ということを自問自答して買わない結論だったら、「売り」がいいと思います。

理由が崩れたら、速やかに売りましょう。

お金があったら買いたいというようなスーパーサブを用意していると損切りを心理的にしやすくなります。

まとめ

とにか、僕が大事だと思うのは理由(仮説)を明確にして、外れたら速やかに損切りすること。心理学でプロスペクト理論というものがあります。人間損を嫌いすぎ、利益を確保しようとする。

これわかってるけど、いざその場面になるとなかなか損切りできないんですよね。でも、ここは合理的に割り切ってリスク管理をしっかり行なってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です