内部留保とは?一概にネガティブとは言えない

内部留保

こんにちは。今日は企業の内部留保について、なんとなくお金溜め込んでいて良いイメージ無いですよね。

実際はどうでしょうか。投資家の視点から考えるとそういうことでもないようです。

内部留保とは

いわゆる利益剰余金のことです。

利益剰余金とは、売上高から人件費や売上原価や税金などのコストを引いたあとに残る純利益の中から株主に分けられる配当を差し引いたものです。

基本的に純利益は内部留保される分と配当に回る分に分けられるということです。

配当性向は30%ほど

純利益がたくさんでれば、その分株主に還元される配当も多くなる可能性があります。ただ、実際には純利益の30%ほどが配当に回っているに過ぎず、後の7割は内部留保という形で企業が溜め込んでいる形になっているのが事実のようです。

内部留保は会社の資産や収益力を増やす成長の源泉

ただ、内部留保が投資家にとって悪いことかというとそういうことでもありません。

内部留保で会社の資産や収益力を高めるための事業拡張資金として留保している場合は、最終的には投資家にとってはリターンになります。

企業の価値が増せばそれだけ、株価が上昇する要因にもなります。

結局は利益

配当に回されるにせよ、内部留保に回るにせよ。純利益が株の価値を高めることには変わりありません。

インカムゲインを狙う投資家にとっては重要な指標になるかもしれませんが結局は利益が今後中長期的に伸びていきそうな企業に投資すること。それが大事であることに変わりはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です