恵比寿のこづちで生姜焼定食を食べてきました

恵比寿こづち生姜焼き定食

クソ暑い今年の7月みなさまいかがお過ごしでしょうか。先日、以前から行きたいと思っていた恵比寿の昭和ながらの定食屋で定評のある「こづち」に行ってきました。なるほどこれが昭和か!という雰囲気

営業時間が17:30までなので平日はなかなかいけず、休みの日に行ってきました。

恵比寿駅から歩いて2,3分の所にこづちがあります。周りにはチェーン店やおしゃれな猿田彦コーヒーやアイスクリーム屋さんが並ぶ通りに明らかに雰囲気のある佇まい。

恵比寿こづち外観

すげー昭和の雰囲気がある外観

恵比寿こづち店内

中に入るとこれまた雰囲気がある店内

中はカウンターが15席ほど、常連さんも多そう。土曜日の12時すぎに訪問しましたが満席でした。

恵比寿こづちカウンター

カウンターには調味料と漬物が。お手拭きとかはありません。

恵比寿こづち厨房

カウンターの目の前がキッチン。

その場で自分の料理が作られるところをみることができます。最近あんまりこういう感じのお店少ないかも。中には4名くらいのスタッフさんが忙しそうに動いていました。

中が良さそうで店員さんの掛け合いをみているのも楽しい。

生姜焼き定食850円を注文。注文してから10分くらいで到着しました。もう少し早いのかと思っていた。

 

恵比寿こづち生姜焼き定食

盛り付けが雑wご愛嬌というところでしょうかw

ご飯と味噌汁がついてきます。ご飯は大盛りにしていなくてもまあまあ多いです。

恵比寿こづち生姜焼き定食

豚肉自体は厚みがあり、タレも味付けが濃いためご飯が進みます。写真でご飯が食えそうな勢い。

恵比寿こづち生姜焼き定食

ポテトサラダも付け合わせてついてきます。

うーん期待しすぎたかも

いかにもな外観で美味しい料理を期待していったのでその期待値を超えることはなかった。これが生姜焼き定食か?と言われると生姜の風味はしないし、肉は硬く、しかも目の前に来た時にさえ熱々という感じではなく、冷めていたので正直微妙だと感じてしまった。

味とお金のコスパを考えると近くにある松屋の方に軍配が上がると個人的には思いました。

創業50年以上経っているらしいが、松屋の方がうまいと思う。

ただ来ているお客さんには常連さんと思われる人が多く、味やお金だけではない店員さんとのコミュニケーションや”恵比寿のこづち”というブランドに惹かれてリピートしている方もいるのかなと想像します。

たまたま頼んだ生姜焼き定食が微妙だっただけかもしれないので、次は他のメニューにチャレンジしてみたいと思います。

調べると肉豆腐の評判が良さそうなので次来ることがあれば肉豆腐にチャレンジしてみたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です