西野亮廣と西野を嫌いな4人の男たちを観てきたよ

2017年8月11日にあった「西野亮廣と西野を嫌いな4人の男」たちを観てきました。そういえば去年も夏に独演会にいっているのでなんだかんだ2年連続。懐かしいなあ。

開催場所は赤坂RED/THEATER

初めてきましたが赤坂のビルの地下にこんな小劇場あるの知らなかったです。六本木とかにもちょいちょいあるのかな。

もっと大きい箱でやっても全然埋まるとは思うのですが、中に入ってみると全部で200人ほどのキャパでした。

1分ほど遅れてしまったのでスタッフの人に暗い中案内してもらって着席。隣との間隔も狭かったので恐縮恐縮。

小道具は椅子とフリップのみ

今回のライブはキングコング西野と自称西野のことが嫌いな方々が一人づつ出てきて、西野の気に入らない点?笑をテーマにトークを進めるという内容。

舞台上は椅子が2脚とゲストが持ってくるフリップのみ。それ以外はしゃべりで勝負!といった感じでした。

毎回思うけど、しゃべり一本でこれだけの人数を笑わせんのすごいよねと芸人尊敬。マジリスペクト。やっぱ声通るなー。そして。

西野を嫌いな4人の男が登場

西野と西野を嫌いな4人の男

出てきたのはフルーツポンチ村上、歌人の升野浩一さん、はねるのトびらなどを担当してきた放送作家の大井洋一さん、さらば青春の光森田の4人でした。

もちろん実際に嫌いな訳ではなくて、愛を持ってるんだけど。ちょっと許せないところについてトークを展開しているのが面白かった。

歌人の升野さんが出てきたときは「えっ、誰???」って感じだったんですが最終的には腹抱えて笑っていました。トークの中でブログをもっとこうした方がいいという提案を全員がしていて、アドバイスを全て受け入れた結果、公演後に更新されたブログがおかしいことになっていた笑

ライブに来ていない人は意味わからなかったでしょうね笑

マリファナやってる?

さらば青春の光森田もフリートークを聞くのは初めてだったんですが、「西野さん、マリファナやってますよね?」はめっちゃ笑いました。

えんとつ町プペル→モクモク→マリファナ。

創作活動山籠り→人に見られちゃいけない→マリファナ。

ライブでしか出来ないくらいの過激なネタ。でも本当にやっていそうな気もしてくるから余計に笑える。

大井さんの「ゴッドタンで毎回服を破られているけど、服破られることわかっていて朝、服選ぶ気持ちってどう?」ってのも最高でした。

積極的にライブ感を感じよう!

自分で書いていてまとまりがなくなりましたが、思ったのはYoutubeやテレビでもお笑いなんていくらでも見られるんだけど、ライブや現地でしか見られないネタや体験、情報って絶対にあると思うので定期的に現地で見て聴いて感じることをした方がいいなと。

旅行とかもネットに情報はいっぱい落ちていて行った気にもなれるとは思うんだけど、じゃあ旅行行く必要ないかというとみんな旅行めっちゃ行きますよねとフェス行く人いっぱいいますよねと。

それと同じで現地でしか出来ない体験、ライブ感は大事にしたいなと笑いながら思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です