Dineはデート率が高いと評判だけど実際のとこどうなのか調べた

Dine1

こんにちは、今日はクリスマスイブですがクリぼっちを満喫しています。悲しい。突然ですが皆さんはDineというマッチングアプリを最近知ってますでしょうか。これはサードウェーブデーティングアプリと名乗る最近リリースされたアプリなのですが詳しく調べてみました。Pairsよりも少しハイグレードな感じ。

Dineとはサードウェーブデーティング?

Dineはいわゆるカテゴリーとしては出会い系アプリの一つですが、一言で出会い系と言っても様々あるようで以下のような分類ができるそうです。

出会い系アプリ世代別

デーティングアプリの世代別分類
Image credit: Mrk & Co

コーヒーの話ではないが、上條氏によればデイティングアプリの世界にも「サードウェーブ」の波が訪れているそうだ。当初紹介された「第1世代:検索型」のサービスは、ユーザ数の多さを強みにしたものの、初めてのデートに達する確率はさほど大きなものではなかった。続いて現れた「第2世代:カジュアル型」に分類される、スマートフォン上の左右のスワイプでマッチング確率を上げる Tinder や Happn は、ユーザインターフェイス(UI)においては革新的なアプローチをとっているものの、ユーザは出会いよりもエンターテイメント的要素を目的に使っているケースが少なくないのだという。

引用:http://thebridge.jp/2017/11/mrk-and-co-jpy150m-funding

pairsやomiaiは第2世代、いきなりデートは第3世代に分類されそうです。

確かにマッチングしたけど、メッセージが続かずに結局終わりになってしまい。「なんだったんだこれ。。。」っていうパターンは多い気がします。

そういう意味ではマッチングをするという目的に特化したサービスということが言えそうです。

北米ではすでにローンチしてマッチングからデートの実績も40%とかなり高い感じです。

Dineの3つの特徴

Dine2

100回のメールよりも、1回のデートを。

とにかく会うことにフォーカスしたアプリです。いきなり会う約束を取り付けることでメッセージのやり取りのステップを抜かし、実際に会う確率を格段にあげています。

デートに最適な人気店のみ掲載!

後述しますが、毎日候補の相手とともに一緒にデートをするお店もレコメンドしてくれます。ディナーからランチまで様々なお店が編集部によってチョイスされているそうです。普通にDine以外でも使えそうなお店が多いのでメモしておいて後々使うなんてこともいいかもしれません。

直感的なUIと洗練された印象のデザイン

Tinderやpairsのように使いやすく直感的に操作できるUIとラグジュアリーな印象を持たせてくれるデザインで選りすぐりの人が使っている感があるアプリです。

女性のレベルが高い

これは主観的な意見ですが、他の出会い系アプリと比較すると出てくる女性も洗練されているといいますか、レベルの高い方が多い気がしました。

料金は他のアプリと比べるとちょっと高め

料金の方は1ヶ月6,500円〜と他の出会い系アプリと比較すると高めに設定されています。

しかも、男女公平にするために女性も同じ料金形態というから驚き。だけど課金する人は本当に本気度が高いから高いデート率にも反映されるのかもしれません。

有料会員と無料会員の違い

有料会員というDineGoldになるとマッチング後のデートのセッティングが可能になります。また、無料会員に比べて有料会員のバッチも付く分マッチングしやすい。

さらに毎月無料でコインが付与されて、レコメンドされる女性の追加やフェイスブックの閲覧などができるようになります。

デートまでの流れは4ステップ

デートするまでの流れは以下の4ステップ

  1. TODAY’S PICKという形で毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

    検索条件を設定するとレコメンドの精度も上がっていくらしいです。

    検索条件はスワイプで好みの女性を選ぶ方法と普通に検索条件を入れる方法があります。個人的にスワイプするのは面倒なので検索条件を入れた方がいいと思います。

    DIne4

  2. TODAY’S PICKの中に気になる人がいたら、リクエストを送る。

    いいなと思う人がいたらお店と一緒にリクエストを送りましょう。

    DIne6

  3. リクエストが承認されたらマッチングが成立します。

    Dine8こんな感じでメールが来ますのでそうしたらマッチングした合図

  4. メッセージで日程調整を行い、実際にあってみよう。

候補日を送信し、日程調整します。この時にどちらかがDineGoldという有料会員であることがこの先に進む条件です。

いきなりデートとの違いは?

いきなりデートの方も同じような形の出会い系アプリです。どちらもFacebook認証が必要で非常に似ているのですが、課金がいきなりデートは「デート1回あたりいくら」という一回ごとに課金される形ですがDineは「月額いくら」という月々あたりのものなので、いきなりデートの方がデート保証の分、気は楽かもしれません。

また、店の予約自体は男性がやらないといけないのでその点は少し面倒な感じ。

さらに、マッチングしても返信がなかったりはかなりあります。Pairsなど の他のアプリとも変わりないですね。Pairs の方が割安なので始めやすいといえば始めやすいと思います

どの辺りで差別化するのかが鍵になってくるかなと思います。

実際に会ってきた

実際にマッチングしまして、女の子と会ってきました。マッチング自体は結構するんだけど、そのあとに連絡が続きにくいのは他のマッチングアプリと同じだと思います。

マッチングの段階でお店は決まるんですが、あくまでアプリ上の話なので実際にその店を予約しないといけないのかというとそんなこともないです。

いきなり高級店に行くのもちょっと肩が凝るので、カジュアルなお店をメッセージのやりとりをしている間に提案してそっちにいっても全然大丈夫です。

合コンよりもコストパフォーマンスに優れるデーティングアプリ

Dineのアプリは合コンや街コンに行くよりはコスパが良いのかなと思います。

出会い系アプリの中では比較的高いですが、レベルの高い女性が多いこと面倒なやり取りなく会うことができる。

手間と時間を考えると良いと思います。合コンだとどんな人がくるかわからないしね。。。

この記事を読んだ人はこちらの記事も絶対興味あると思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です