恵比寿に肉塊UNOがオープン。金夜、肉のフードファイト開催。

一年前にも行った肉塊UNOが3月に恵比寿にできたということで早速男三人で行ってきました。まさしく肉肉肉のオンパレードです。

肉塊UNO約一年ぶりの訪問

虎ノ門店に一年前に訪問して以来なので、ご無沙汰な感じはしますが楽しみです。

一年の間に溜池山王にもお店ができているなど順調に拡大している様子。

公式サイトから引用

3月にオープンするニュースをSNS上で知り、速攻で知り合いと予定を合わせ4月に予約しました。

こんな感じでFacebookメッセンジャーで予約が完結。好感度アップ。

お腹空かせてお越しくださいというのでちゃんとお腹を空かせていきました。

開始から飛ばしまくりの肉祭り

場所は恵比寿駅の西口から歩いて4分くらいのところにある。大通りからは少し奥に入ったところにあります。迷うことはないでしょう。

19:00にお店に着くとほぼ満席の店内。金曜日だから当たり前でしょうか。メニューは3,500円でお肉が食べ放題。しかも時間制限なし。

7種類のお肉のコース 3,500円
※テーブルチャージ別途300円
※Dinnerは税抜き価格

これにお酒代がかかります。比較的リーズナブルな価格設定なのかなと個人的には思います。

スタートしてから出てくるのはこんな肉肉しい肉たち。

これはイチボ。赤身が柔らかくて美味しい。

ソーセージとチキン。お姉さんが切ってくれるのでトングでそれをいいタイミングで掴むというちょっとしたエンターテイメント要素もあります。

もも肉かどっかの肉(正確には忘れたw)脂肪がないので食べやすかった。

こちらは限定のハンバーグ。

このハンバーグもかなりにくにくしい。肉の味ががっつり。うまし。

イチボは何周か回ってきました。漫画みたいな分厚さ。僕のiphoneくらいあった。

この他にも豚バラや牛タンなど7種類がっつり出てきました。どれも美味しい。幸せ。

店員さんは出し惜しみすることなく(若干しつこいくらいに)お肉を勧めてきます。
その日は周りのお客さんが多くなかったせいもあるかもしれないが、異常なくらいに肉を勧められました。

カットの分厚さも「冗談ですよね?w」っていうくらいの分厚さで普通に切ってくるので注意が必要です。

店員さんの接客も相変わらずいい感じで、一度グラスワインを店員さんに倒されたんですがその後すいませんでしたと言って倒してこぼれてしまったワイン分をサービスするなら当たり前ですが、テーブルの全員に同じようにお代わりを注いでくれました。

ナイスな接客です。好きです。

恵比寿で肉なら一度は行ってみて

最終的には出されたものは全部食べないといけないという謎の使命感に苛まれ、フードファイト状態になっていました。

終盤、肉を噛むことに疲れナイフで切り刻んでから、胃に流しこむ始末。なかなかハードな夜でした。

お会計は5時間くらいビール一杯と赤ワインボトルで2本空けて結局一人7000円くらい。結構飲んだな笑。赤ワインを消費しました。

肉塊UNOおすすめポイントをまとめると

  • お肉をこれでもかと食べられる
  • テーブルででっかい肉を切ってくれるのでインスタ映えする
  • 店員さんがフレンドリー
  • 牧草牛なので食べても太らない。むしろ痩せる(らしい店員さん談)

ということで女の子と一緒に言ったら喜ぶこと間違いなしなんではないでしょうか?

恵比寿だから2軒目もいきやすいですしね。食べ過ぎには注意ですが笑。

恵比寿でお肉が食べたくなったら行ってみてください。予約は必須かと。Facebookメッセンジャーが楽ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です