ファイナンシャルアカデミー外貨投資・FXの学校を受けたのでメリットデメリットをまとめる

FA株式投資の学校

ファイナンシャルアカデミーの株式投資の学校には3年前くらいから通っていて、今年の2月で丸々2年経った。

株式投資はなんとか今のところプラスの成績で運用できているので、今度は外貨投資・FAの学校に申し込んで受講してきました。

申し込んだ理由とか実際受けて見ての感想をシェアします。きっとこの記事にたどり着いた人は検討中だと思うので参考になるといいと思います。

為替、世界の相場との関係性がよくわからない

トランプ大統領トランプがなんか発言してもめっちゃドル円チャート動く

株式投資は国内小型株を中心にやっているのですが、小型株でも外国為替や経済のニュースのいかんによって値動きが左右される部分があります。

ニューヨークダウが急落!とか

米国債10年金利が上昇!とかとかです。

全体相場が落ち込むとどうしてもアメリカなんて関係ない小型株も釣られて下げるんですね。

特に最近だと2月にあった暴落。めちゃめちゃ食らいました。これも原因は

「これまでの米金利上昇のスピードが速過ぎたことから、インフレ懸念とそれに伴う将来の景気悪化に対するマーケットの織り込みが急激になっている」

 

うーん。正直よくわからないです。なんで金利上昇が暴落に繋がるのか?

ということで経済や為替、世界的なお金の流れを知りたいと思ったことがきっかけで受講しました。

ファイナンシャルアカデミーの授業は株式投資で受けていたので質も高いことはわかっていたので高い受講料も取り返せばいいやくらいの気持ちで申し込みました。

外貨投資FXの学校のメリット

実際にGWに3日間連続受けて見て感じたメリットとデメリットをまとめます。

  • 広く網羅的に知識をインプットすることができる
    • テキストが15冊あり、基礎から応用まで一通り学ぶことができる
  • ベテラン投資家から直接学ぶことができる
    • 講師も実際に投資をしている個人投資家なので生きたアドバイスを受けることができる
  • 現在の相場の状況を教えてもらえる
    • 毎週一回の授業では現在の相場観を講師が教えてくれるので非常に有効なアドバイスになります
  • Webでも受講できる
    • 時間がなかったり、スケジュールが合わない人のためWeb受講できるシステムになっている
  • 周りの受講生から刺激を受けられる
    • 教室受講限定ですが、実際に授業の中で隣の受講生とワークショップを行うことで刺激になる

この中でも投資ってなかなか人に言えない趣味だと思っていて孤独な作業になりがちなので同じ悩みを共有できる仲間を作れることが一番大きいと思っています。

あと現在の相場の動きを解説してもらえるのはありがたい。

外貨投資FXの学校のデメリット

逆にデメリットは

  • 受講料がちょっと高く感じる
    • Web+教室受講だと30万円ほどの授業料なのでなかなかハードルが高い投資であると思います
  • 受講生の年齢層が高め
    • 僕個人的なことですが20代の受講生があまりいないのでちょっと話しづらさも感じます
  • 授業数と講師数が少ない
    • 株式投資と比較すると人気に劣るからか開講される授業の数と講師の数が少ないです。特に講師は人によって観点や経験が違うので増やして欲しいなあと思います

実際に通ってみての個人的な意見のためデメリットは参考程度に。受講料は確定申告時に申請できるので忘れないようにしようと思います。

武装は完了したので実践してみよう

外貨投資の学校テキスト

一回受けてみての感想です。下地はできたような感覚があります、あとは実際にチャートが動くところに売買を繰り返して勘所を掴んでいきます。

あと、チャート分析は株式投資にも使えるので株式投資をやっている人はFXもやると相乗効果でいいのではないかと思います。幅が広がります。

テキストもよくまとまっています。正直独学で頑張ろうと思っても難しくそもそもあっているのか不安になると思うので(実際やられている)30万円でも投資して学んだ方が長期的に考えたらコスパいいはず。この知識は死ぬまで使える。

内容は忘れないうちにブログにまとめようと思います。

一旦の目標は今年のこれまでの負け分と授業料分を稼ぐことです。ガンバリマス(白目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です