2017フジロックの早割チケットを手に入れるために岩盤に終電で行ったぞ

2018年フジロック早割チケット岩盤

先日、フジロック2017の早割チケットを手に入れるために池袋の岩盤(GANBAN)に並んできました。終電でGO。

今年もフジロックも行こう!ということで先行チケットに申し込んだんですが、

見事に外れました。。

ということで池袋の岩盤(GAN-BAN)に並ぶことに。結構過酷でした。寒いし。

主なスケジュール

チケットゲットまでの道のりは簡単には以下のような感じです。真冬の2月にやるようなことではない。そう思います。

  • 終電で池袋に(12時)
  • 整理券の配布までの6時までに並ぶ(12時〜6時)
  • 12時まで待機(6時〜12時)
  • 12時からチケット買える(12時〜)
  • チケットゲット!

でも早割チケットなら

入場券/3日通し券 ¥43,000(税込) ⇒¥36,000(税込)【早割価格】

ということで7000円も安い&ちょっとの好奇心で並んでみることにしました。

終電で池袋へGO

2月4日(土)0:48恵比寿発、最終池袋行きの電車に乗る。この時点で眠い。

金曜日(土曜日)のこの時間帯なので酔っ払いの方々がたくさんいる中完全シラフで乗り込みます。

1:10過ぎに池袋に到着。並ぶのは池袋のパルコ前です。東口の方ですね。

こんな感じで早い割引チケットの看板が出ています。

結構人がすでにいる。50~80人くらい並んでいたかなと思います。

みんなチェアと完全な防寒をして寝袋に包まっている感じでした。

並ぼうとするとスタッフのおじさんがカイロと案内を持った紙をくれました。

カイロはありがたいです。

みなさん先に並ばれている人はお酒を飲みながらとかタブレットで映画をみたり、サッカーの試合をみたり、トランプをしたりと思い思い自由に時間を潰していました。

極寒の中、短パンTシャツで並んでいるおじさんもいたけど、絶対におかしいので尿検査をした方がいいと思います。

僕は友人と二人で行きましたが例年と比べるとそんなに並んでいなさそうだったので、3時ごろまで近くの鳥貴族で時間を潰していました。

6時に整理券をget!始発でもいけた疑惑。。

3時過ぎに行列に戻り、あーだこーだ待っているとスタッフの人がチケット整理券配布の準備を開始。

5時近くになると街が明るくなってきて始発で来たであろう人たちがダッシュで並んでいく姿もありました。

「これって始発でもよかったんじゃ、、、」

って一瞬考えましたが、もうそんなことはどうでもいいんです。チケットがとにかく欲しい。整理券をもらって仮眠を取りたい。

無事に整理券ゲット。あと整理券をゲットするものとは別にGAN-BANの会員カードを強制的に作らされます。1,000円、必要なくても強制です。感覚が麻痺してて、細かいことは気にしない体になったみたい。

僕はHの入場券、駐車券、キャンプサイト券のセット87,000円なり。高いですね。立て替えてるお金早く払って欲しいです。

整理券番号によってチケットの引き換えの時間が違うらしく。僕はパルコ本館9階に12:00集合でした。

それまでは江古田の友人の家で仮眠をしました。泥のように寝ました。

12時にチケット(引換券)ようやくGET

12時に予定通りパルコ本館の9階にいき、チケットの引換券をゲット。

「あれ、チケットGETじゃないの?引換券?」

と思いますが、チケットが用意できたらメールで教えてくれるのでそれをまた引き換えに来てください。ってことらしいです。

本番は7月なので半年先ですわ。でも楽しみ。

まとめ:始発で行ったらいいと思う

2018年の行列については寒さのせいか、始発で行っても間に合ったのでは?という説があります。(自分の中です。)

個人的にはツイッターで「パルコ前 行列」とか検索して並びの様子を探ってから決めるのがいいのかなと思います。fujirokers.orgのアカウントだと色々レポートしてくれているので参考になると思います。

並んでいるときに実際ここの中の人に取材されました。笑

来年は、、、できれば先行抽選で当てたい。。

けど今年も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です