“誰でもできる「副業」を考える時間”に参加してきた

【#アタラシイ時間】ドーナツを食べながら「副業」について考える!? ~輪になって対話しよう!~

先日、ハフィントンポスト(今はハフポスって言うらしい)とランサーズが共催するイベント。【#アタラシイ時間】ドーナツを食べながら「副業」について考える!? ~輪になって対話しよう!~に参加してきました。勉強なったので副業について考えている人は読んでみてください。

イベントページはこちら

【#アタラシイ時間】ドーナツを食べながら「副業」について考える!? ~輪になって対話しよう!~

【#アタラシイ時間】ドーナツを食べながら「副業」について考える!? ~輪になって対話しよう!~

税理士が教える10の副業の秘密

 
まず、はじめに税理士でご自身も副業で新宿2丁目でバーを経営している高橋 創 氏からみんな気になる税金の話。
 
数年前に一度、副業で赤字を作り、本業で所得税の還付を受けることが流行ったらしく。それはもちろんやってはいけないことなので税務署も厳しく取り締まっているらしい。
 
こんな記事があった。

サラリーマン節税 趣味と実用の副業で赤字にし所得税ゼロも

ポストセブンってところがまたぽいなあと思います。

ところが最近働き方改革等も叫ばれるようになってきて再び副業が注目浴びつつあるそうです。

高橋さんが言っていた10の秘密はそれぞれ以下のこと、メモの転載です。
振り返ると当たり前やんってこともメモしてありましたがどうぞ。

  1. 正式なはじめた日を定める必要はなし

    • 正式に副業を始めた日は適当にキリのいい日とかで決めていい
    • 開業届出さなくていい。青色申告にしなければ開業届出す必要はなし
  2. 副業の銀行口座を持つメリット

    • 帳簿がつけやすい
    • 税務調査の対応。税理士さんへの依頼がしやすい。
  3. 借り入れ

    • 借り入れ自体は可能。本業があるので返せる見込みありと判断されることが多い。
  4. 確定申告について

    • 「確定申告は儲かったらする」
    • 年間20万円以上利益が挙がる場合は確定申告が必要
    • 経費→商売をするためにかかったものは必要経費として考える。金額割合の縛りなし。
    • 困るのは 生活費か経費か曖昧なもの、理由が言えるものは大丈夫。税務署に説明できるなら経費とする。
  5. 経費で落ちるの意味

    • 提出しても機械的に受理するだけでそれだけで経費が落ちるわけではない
    • 税務調査は税務署が気になったところだけを確認するので、先輩が経費で落ちたとか落ちないは関係ない
  6. 税務調査

    • 副業ではあまり来ない(実質来ない)
    • あっても電話で終わる
  7. 副業がバレる場合

    • 会社に送られる住民税の通知書からバレる可能性はある
    • 確定申告は雑所得として確定申告すればだいたいOK。
    • 仮想通貨で儲かっちゃってといえばまず怪しまれない
  8. 税理士はいらない

    • 基本的に税理士さんは必要なし
  9. 領収書について

    • 経費は領収書をもらっておく必要がある
  10. 規模が大きくなったら法人化する

    • 税金対策で有効なので利益がたくさん上がるようになったら法人化を検討する

実際に副業をやっている人から聞いてみましょう

次のセッションでは実際に副業を実践している方からお話を聞きました。

印象に残った話をここでもメモ

  • 副業初期は自分のできることで知り合いから仕事もらう
  • お金が溜まってきたら自分の事業に投資をする
  • 事業が回ってくれば時間はそんなにかからない
  • Webサービスなどはマネタイズまで考えないと難しい
  • 副業の方が本業より単価が高い。自分で設定できる
  • 本業との相乗効果が得られる
  • 経費の考え方・数宇・企業経営に敏感になる・意識が高くなる
  • 働き方として雰囲気とかが活き活きする
  • 副業で講師をやったりすると専門性を高めていく、社内ではできないネットワーク
  • 効率化が進む、時間管理タスク管理が上手くなる
  • 自分が好きなことを副業をしている人、苦にならない
  • スキルシェアのサービスを最初は使うのも良い
  • 気負う必要なし、腕試しくらいの感覚で始めて見るのが良い

デメリットよりメリットが多そう、まずはスタートしてみる

イベントを通じて感じたのはみんな楽しそうにお話をするなあということです。

自分の好きなことをやっているからなのかもしれませんが、今の自分が仕事の話をそんなに活き活きできるのかと言われるとそんなことは無いかなーと。

会場もかなり盛り上がっていて、質問もバンバン出ていたので副業に対する関心が高まっていると感じます。

最近ではストアカやメルカリもTeachaというスキルシェアのサービスをスタートしていて、副業を始めるハードルは確実に下がっていると思います。

デメリットでは体調を崩すとか健康面で心配している企業担当の方が多かったように思いますが、メリットの方が多いので前向きになってみると良いのではと思いました。これから副業関連のイベントも増えて仲間もできそうだしね。

非常に良きイベントでございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です