初心者の人にもわかりやすく会社四季報の読み方を解説

会社四季報と言えば株式投資家のバイブル的な意味合いで取り上げられることが多いです。

が、分厚くて初心者にはとっつきにくい。。。「漢字ばかりだし何が書いてあるのか難しそう」っていう人がいいんじゃないかなと。

僕もめちゃめちゃ詳しいというわけではないですが、株式投資家にとって大事な情報源である会社四季報の読み方について初心者向けに独断と偏見でわかりやすくまとめてみます。

そもそも会社四季報って?

東洋経済新報社から出る会社四季報は全上場企業の財務のデータと最新の状況がまとめられている本です。3,6,9,12月の3ヶ月に1回発売されています。

それぞれの企業の業績と東洋経済新報が今後予想している企業の業績やコメントが凝縮されているため投資家のバイブルとも言われます。

類似の冊子に「日経会社情報」がありますが、会社四季報の方がシェアが圧倒的に高く、業界の標準的なポジションを得ています。

そのため会社四季報で予想値が良かった企業の株価がその後上がることも多々あります。四季報サプライズってやつですね。

四季報で狙いやすい業種と狙いやすい業種

四季報では全上場企業の業績が掲載されていますが、その中でも四季報発売後に狙いやすい業種とそうでない業種があります。

  • 狙いやすい業種
    • 時価総額500億円くらいまでの小型株
    • 小売、外食、自分の仕事、趣味に関連するセクター
  • 狙いにくい業種
    • 時価総額1,000億円以上
    • 市況関連(資源関連株)
    • 契機に敏感なセクター(化学、鉄鋼、素材、電機、輸送機、運輸)
    • 複雑で難解な業種(金融、商社、不動産)

まず、時価総額ですがすでに1,000億円を超える大型株は値動きも小さい傾向があり、機関投資家などもウォッチしているため個人投資家としてはなかなかパフォーマンスが出しづらいです。

それよりも時価総額500億円以下の市場にも知られていないような企業が注目を浴びた時に株価が上昇していくパターンを狙う方が現実的です。

また、どんなビジネスを行なっているのかそもそも理解できないような企業も避けた方がいいです。株価上下の根本的な要因の「どうやって利益を上げているのか?」がわからなければ、買う理由も明確にならないため、逆説的ではありますが、売る理由も明確にならず。

保有していてもズルズル含み損抱える最悪パターンに陥るのが目に見えるかなと。

僕の場合は金融とか建設はよくわからないけどIT系や小売は馴染みあり、理解もしやすいのでその辺りを物色します。

四季報は株価コード順に並んでいます。業種によって別れているため、自分の興味のない番号は飛ばし読みしても全然いいと思います!

全部真面目に読んでいると時間がいくらあっても足りないです。ちなみに以下はコード番号の参考です。

コード番号の割り振り(2016年)

  • 1000番台
    • 農林水産、鉱業、建設
  • 2000番台
    • 食品、小型株
  • 3000番台
    • 繊維、製紙、小型株
  • 4003~4274
    • 化学
  • 4281~4358
    • 小型株
  • 4361~4363
    • 化学、医薬
  • 4640~4929
    • 小型株、化粧品
  • 4951~5020
    • 化学、石油化学
  • 5101~5999
    • ゴム、窯業、鉄、鋼材、資材
  • 6005~6042
    • 機械
  • 6050~6073
    • 小型株
  • 6101~6498
    • 機械
  • 6501~6999
    • 電機
  • 7004~7408
    • 輸送機
  • 7412~7649
    • 小型株
  • 7701~7777
    • 精密機械
  • 7817~8298
    • 消費関連、小型株、商業
  • 8303~9384
    • 金融、不動産、鉄道、運輸
  • 9385~ラスト
    • 消費関連、ソフト、小型株、インフラ

ここまで詳細に覚える必要はないですが、自分の知りたい会社がどの辺りのページにあるのか把握しておくと会社四季報を読むスピードも上がりますね。

会社四季報に載っている情報解説

「四季報のどの辺りにどの会社が載っているのか」がわかれば、次は「そこに載っている情報は何か?」です。

会社四季報は1ページに1つの会社の情報が載っています。大きい小さい関係なく。1ページに1社です。

具体例を上げて説明した方がわかりやすいので個人的に好きな鳥貴族(3193)を例にして説明します。

こちらが鳥貴族(3193)の2017年12月に発売された四季報のページ。

一番上の部分は直近の株価の月次チャートとそれぞれの株価指標。
ここの株価は当たり前ですが四季報が発売された日とは乖離があるので注意です。

まあ、印刷する時間とかありますからね。

その下が会社の事業と特色。何をやっている会社なのかを端的に示しています。

その左側が四季報が独自に評価しているコメント。ここに「独自増額」「最高益」とか色々見出しが出て最近の動向を東洋経済社がコメントしています。

その会社の調子とか動向を端的に理解できるのでおすすめです。

その左側は株主と役員情報。株主比率は外国人投資家が多いのかや社長が株持っているのかなどチェックします。

その左は財務情報。

株式のところは発行株数と売買単位、時価総額が出てます。ここで時価総額チェックできるんですね。鳥貴族だと353億円。まだ中小小型です。

その下には会社の資産状況。資産がいくらで自己資本比率などが出てます。自己資本比率は基本的に40%を切ってなければ大丈夫と思います。

鳥貴族は39%だからまあ大丈夫そう。

10%とかだと資金繰りがうまく行かず、倒産なんてこともあるかもしれないのでここはチェックです。

その下にもROEやROAなど細かい指標や研究開発費などありますが参考程度でいいと思います。

その下のキャッシュフローは営業キャッシュフローと投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローに分かれています。CF(CashFlow)ってところです。

ここは営業キャッシュフローは絶対プラス、投資キャッシュフローは絶対マイナス、財務キャッシュフローはマイナス、もしくはプラスどっちでもいいです。

鳥貴族は営業キャッシュフローがプラスで投資キャッシュフローマイナス、財務キャッシュフロープラスなので大丈夫そう。

細かくなってしまうので詳しくは別の記事で解説します。(予定)

その左側は過去株式分割や、第三者割り当てと呼ばれるような資本移動を行なっているのかや上場してからの高値安値四半期の進捗率が書かれてます。

ここもそんなに気にしなくて大丈夫だと思います。

その下の業績予想。ここが大事。

こちらは過去の業績と未来の業績予想が載っています。

未来の業績予想は会社が発表しているものと会社四季報つまり東洋経済社が独自に予想しているものがあります。

会と書いてあるのが会社四季報の予想、単が会社つまり鳥貴族の予想。

この予想に乖離がある場合は上振れということでいいねということになります。

また、売上高と経常利益、一株益が順調に伸びているのかもチェック。

株価上昇の源泉は利益なので利益が毎年伸びているのかはチェックしましょう。

5年で2倍になるくらい伸びているとかなりいいと思っていいんじゃないかなと思います。

また、売り上げが伸びていなくても利益が伸びるていると「利益を出しやすい体質に変わったんではないか」→「事業の構成が変わった?」→「詳しく調べてみよう」という感じで気づきからどんどん調べていくイメージです。

会社四季報のチェック手順

大きく分けて5つのポイントです。

業績トレンド

売上高と経常利益が拡大トレンドか、特に今期、来期の予想値が伸びているのかに注目です。株価上昇の源泉は企業の業績(利益)なので売上高と営業利益が順調に伸びているのかどうかをチェック。

業績のブレ

業績のブレは会社四季報の欄外にある矢印を見てみて上向きなのかどうかを見れば簡単にわかります。矢印が2つで前号予想と30%以上の増額、または減額。一つで5%以上30%以下の増額か減額です。矢印が上向いているものをチェックです。

売上高経常利益率

いくら売上が高くても原価率が高すぎたりして利益が出てなければ、株価上昇の要因にはなり得ません。。。10%以上であれば優秀、1%や2%の場合はあまり質がよくない可能性があります。

PER

すでに割高な株を買ってもその後の上昇には繋がりづらいので、今期予想、来期予想共に10倍以下の企業をチェックしましょう。5年以内に利益が倍になるなど成長性、持続性が高いと判断する企業の場合は来期予想で20倍くらいまでは織り込んでもいいんじゃないかな。それ以上成長が見込める場合は30倍でもOK。

東洋経済からのコメント

東洋経済新報社が独自に取材してコメントしてくれています。記事の前半は業績予想数字についてのコメント。後半は企業評価の手がかりとなるような材料についてのコメント。会社の中期的な成長に関するトピックス(工場や営業拠点の新設、新商品の動向など)や会社の抱える課題などについて記述しています。意外と参考になる。そして面白い。

その他ポイント

 

会社予想と会社四季報の予想

会社の予想も決算時に発表されますが会社四季報もその会社の業績を予想します。
その時に四季報の予想が会社予想よりも上振れている場合は要チェック。株価のプラス材料になります。

欄外のニコちゃんマークが二つなら会社予想と四季報予想の乖離率が30%以上、一つなら3%以上30%以下の乖離率。悲しい顔のマークはその逆でマイナスです。

全てのチェックするのは大変なので効率的にチェック

以上、四季報の読み方を簡単にまとめました。

テクニカル分析も大事ですが、中長期投資をする個人投資家にとっては四季報の情報は大事です。

自分の力で企業を分析して投資をする銘柄を選定しましょう。

投資は自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です