四季報2018年3集のおすすめ銘柄選定8つ

四季報2018第3集

6月15日金曜日に四季報の夏号の発売ありました。一応毎回気になった銘柄を選定するようにしています。今回も紹介します。

過去の銘柄予想はこちら。当たっているか答え合わせできるので面白い。それでは張り切って参ります。

2018年四季報春号予想。個人的に気になった銘柄5つ

四季報2017年夏号の個人的に要チェックした銘柄10選

四季報2018年第3集要チェック銘柄

  • 1716第一カッター興行
    • PER12倍で割安水準
    • 6月14日に上方修正出してる
    • 営業利益も年々伸びている(2017年から14、21、22億)
    • 建設業なので何をやっているのかイメージしづらいのが懸念
  • 2491バリューコマース
    • 前回四季報よりも予想数字が上振れ
    • 営業利益伸び(2017年から22、29、33億)
    • 第一四半期の進捗率がいい(25%あればOKなのに33%ある)
    • ヤフーショッピングへのCRMが今後さらに伸びると予想
    • 本業のアフィリエイトも仮想通貨業界の盛り上がりもあり伸びそう(なきがする)
  • 3773アドバンストメディア
    • 26年までに売り上げ8倍、営業利益率30%を目指すと記載がある
    • 音声認識ソフトが活躍する機会が社会的に増えそう
    • 独自性も強いニッチな分野
    • PERはちょっと高い
  • 3825リミックスポイント
    • 営業利益伸びが驚異的(2017年から34、102、110億)
    • 仮想通貨関連、コインチェックの財務見ていると期待する
    • PERも低い(10倍以下)
  • 3989シェアリングテクノロジー
    • 営業利益2倍以上へ(2017年から4、4.7、10億)
    • 民泊関連
    • M&Aも積極的
  • 4764サムライ
    • Twitter内で話題
    • なぜ、ICOという仮想通貨での資金調達のサービスが期待されている
    • 筆頭株主がいい感じっぽい
  • 7172JIA
    • 営業利益2倍以上へ(2017年から47、80、100億)
    • 5月決算で上方修正
    • 独自増額

この中でも特にバリューコマースとアドバンストメディア、リミックスポイントに注目しています。

でも資金があったら全銘柄資金投下したいです。

投資は自己責任で

個人の独断で銘柄を紹介しました。これらを中心にこれから3ヶ月ほどは投資していきたいなと思います。

また、他にも買わないけどウォッチする銘柄自体も含めると20弱でした。

ウォッチする銘柄は気が熟すのとじっと待ち、買うべき時にキャッシュを用意しておくのが意外と重要です。なかなかできないけど。。。

そして、今年はマザーズがあまり調子がよくなく。難しい相場です。無理せず全力投球するのではなくある程度余裕を持って資金を残しておいた方がいいなと感じます。暴落的な落ち方はたまにあるので、上手い人は暴落時にバーゲンで買い漁ります。

休むも相場なのでしっかり取れるところでとるということを忘れないようにしたいです。

読み終わった四季報はメルカリへ

ちなみに読み終わった四季報はメルカリに出せばほぼ定価で売れるのでおすすめです。送料と手数料を取られても1000円は手元に残ります。

家においておいても邪魔なので銘柄だけ速攻でチェックして売っちゃうのがいいと思います。買った人はぜひ試して見てください。

メルカリで売上が10万円を超えたので、これまで売れたものと売れるコツまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です