抜群の旨さとコスパも良い都内有数の有名店鶯谷園にいって来た

鶯谷園のお肉その3

お盆休みに都内の焼肉店でも1位2位を争うであろう鶯谷園にいって来ました。紛れもなく、人生でNo1の焼肉屋さんでした。

鶯谷駅から徒歩5分の場所に

鶯谷園外観

JR鶯谷駅の改札から東京キネマ倶楽部の方へ歩いていって交差点を左に曲がると鶯谷園が見えて来ます。外観はいたって普通。どこにでもある街の焼肉屋さんといった感じ。ここまでは特になんら変わりのない。

2階と1階があり6人でいった僕たちは2階に案内されました。靴を脱いで掘りごたつのお座敷です。

この後はメニューを注文します。

コスパ最強の焼肉たちがこれでもかと

2時間制だったので方針としては金に糸目はつけず、せっかく予約が取れたのだから美味しいものをたらふく食べようということで肉も酒もバンバン注文しました。

ビールはその辺の飲食店と変わらないお値段でした。

鶯谷園のお肉その1

忘れたけど美味い肉

鶯谷園のお肉その2

厚切りはらみ

鶯谷園のお肉その3

サーロイン、5000円くらい鶯谷園のお肉その4

特上カルビ(おそらく)

溶き卵がサイドメニューでついており、すき焼き風に卵をタレにして食べる。これがマジで美味い。すき焼きを考えた日本人は天才だ。

鶯谷園のお肉その5

特上ランプ肉(おそらく)

見ていただいてわかる通り、特上肉は脂のさしが凄くて後半になるとちょっと飽きてきました。おそらく普通の並みのお肉でも十分に楽しめるのではないかと思います。

でも、特上の脂は全くしつこくなく嫌な感じはなかったので本当にいいお肉なんだと思います。

途中の焼きユッケを頼む場面でユッケを焼きましたが、店員さんとのこんなやりとりがありました。

僕ら「焼きユッケだからとりあえず焼くか、下アルミホイルっぽいし」

店員さん「あー、これ焼かない方が美味しいですよ!」

僕ら「でも、焼きユッケって書いてあるやん」

店員さん「これは諸事情で焼きユッケって記載しないといけないんです。。。(意味深)」

僕ら「あっ、なるほど。。。(察する)」

ということで、焼きユッケは生でお召し上がりいただくことをオススメします。

ちなみに店員さんの接客とお肉の提供スピードも凄く早かったのでこの点もプラス点です。

お会計がまさかの一人8,800円

最終的に変なスイッチが入り、クッパやユッケジャンなど肉以外も結構食べ、肉はほぼ特上しか食わず。飲み物もビールを4杯づつくらい飲んで。お会計は8,800円/人でした。

10,000円くらい行くと思ったので、その時は意外と安く感じました。けどよくよく考えると焼肉屋で9,000円弱払うって普通に高いのでテンションが本当におかしかったのだと思います。

でも、10,000円を出せるほど美味しいお肉でした。こればっかりは個人の満足度なので色々あると思います。美味しい。本当に美味しい、最高のお店でした。

常連さんの中には帰るときに次の予約を入れてしまうんだそうです。最強のリピート対策。

ラブホではなく鶯谷園

鶯谷というと山手線の車窓から見える景色はラブホ、ラブホ、ラブホ。高校生の時は毎日鶯谷を電車で通っていましたが「ああそういう人がたくさんいるんだな」と思春期の僕はそう感じた記憶があります。

今後はラブホだけではなく、鶯谷園ももっとアピールした方がいいのではないでしょーか。

ああ、また年末に行きたい。予約すればよかった。行ったことない人は是非行ってみるとこれまでの焼肉に対する世界観が変わる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です