全体相場と景気の状態を確認するための指標

株価指標

ミクロの指標ではなくマクロな全体相場を確認する指標をざっと紹介します。全体相場がいい時、悪い時ありますからいい時に資金投入したいです。(自分できてない)

株価指標

  • 日経平均
    時価総額や流動性などの面から日本を代表する上場企業として選ばれた225銘柄から算出された株価指数。もはや説明不要。上がった下がったで取り上げられるのはだいたいこれ。
  • TOPIX
    東京1部の全銘柄の加重平均で算出した株価指数日経平均とだいたい連動します。日経平均よりも実態を表すと言われるが知名度や注目度は日経平均株価よりも劣ります。
  • 日経ジャスダック平均
    その名の通りジャスダックの平均。小型株なので中小投資家は注目。
  • 東証マザーズ指数
    その名の通りマザーズの指数。小型株。こちらも個人的には注目
  • NYダウ
    影響力が絶大。世界でも一番注目されている。ここが崩れると日経もだいたい崩れる。
  • ナスダック総合指数
    世界を代表するIT企業が多数上場するナスダック市場の値動きを示す指数
  • 上海総合指数
    中国の株価の動きをします有名な株価指数、日本株への影響も。

特に大事なのは、日経平均、ジャスダック、ダウ、ですかね。

その他マーケット指標

  • ドル円
  • 米国国債利回り
  • 金価格
  • 原油価格
  • 銅価格

いわゆる為替とかその辺りでまだ勉強中なのでわかったら追記します。

経済指標

  • 日本
    • GDP
      国内の経済活動で生み出された価値の合計。GrossDomesticProductの略です。四半期ごとに速報値が発表されます。一時速報は該当期間終了後の約1ヶ月半後。二時速報はさらにその約1ヶ月後です。二時速報の場合は一時速報からどう修正されているのか注目
      もっとも注目されるのは実質GDP成長率です。物価変動も考慮されているので実質的な経済の動きを反映しています。1%を中心に上下動しているため、1%ならまずまずといった感じです。
    • 鉱工業生産指数(毎月月末)
      製造業全体の生産活動の活発さを指数化したもの。製造業はGDPの2割ほどしか占めていないんですが、景気に敏感に先行して動くので注目されている。毎月翌月の月末に速報値を発表します。GDPの先行的な指標。目安は100%
    • 景気ウォッチャー調査先行き判断DI(毎月10日くらい)
      飲食店やタクシー運転手、求人情報誌の編集者、職業安定所職員など景気の変化に敏感な人たちにアンケート調査を行なって指数化したもの。50が目安。
    • 日銀短観(4,7,10月初旬,12月半ば)
      日銀が大企業、中堅企業、中小企業1万社を対象に景況感を3ヶ月ごとにアンケート調査して指数化するもの。目安は0
  • アメリカ
    • 非農業部門雇用者数(毎月第一金曜日)
      いわゆる雇用統計です。農業部門以外の雇用社数が前月に比べて何万人増えたのか減ったのかを占めす数字。目安は20万人です。単月ではブレやすいため数ヶ月単位くらいで見ましょう。
    • ISM製造業景気指数(毎月第一営業日)
      アメリカの主要製造業400社の原材料などの購買担当役員への景況感のアンケート調査を指数化した指標。目安は50
  • 中国
    • PMI(毎月第一営業日)
      PurchasingManager’sIndexの略。購買担当者指数。50が目安。原材料の調達は景気の先行きを見越す必要があるため購買担当者は景気に敏感です。
    • CPI(消費者物価指数)
      一般向け消費者の物価水準の動きを示す。目安は3~4%

イベント

  • 金融政策の変更
  • 金融政策決定会合(日銀)
  • FOMC
    FRBの議事録を発表しているらしい。詳しく調べたら追記します。

定期的にチェックするのが大事

以上、ざっと全体相場の指標を紹介しました。

これらの指標は一度ではなく定期的にチェックするのが大事。変化を見ると景気のトレンドを読めるようになります。

日経新聞の経済ダッシュボードと外為ドットコムが便利なのでこちらを要チェックです。

APIの勉強がてらGoogleスプレッドシートに指数を引っ張ってくる奴をやりたいけど時間がある時にやります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です